2009 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 05








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姉「嬉しい」


56 : Mr.名無しさん : 2011/05/04(水) 16:31:29.76

昨日は姉も母も暇だったらしく久しぶりに家族皆で朝から遠出散歩してきました。

母「最近さぁ…よくあんたが小さかった頃の夢見るのよ」
俺「俺の?どんな夢」
母「産んだ時の夢なんだけど、産んだ直後にもう釣竿もって走り回ってんの」
俺「マジでどんな夢だよ!」
姉「悪夢?」
母「悪夢…とは違う。皆笑ってたし私も涙流しながら笑ってた」
姉「私もよく○○の夢見る」
俺「本当かよ…」

姉「最近見た夢は○○に肩車してもらってた夢。その時は私も笑って喜んでたと思う」

俺「肩車ねぇ……姉ちゃんちょっと今笑ってみ?」
姉「…面白い事や嬉しい事が無かったら笑えない」
母「ほら、お母さんの待ち受け。あんたとお母さんと○○の写メ。こんなに愛されて嬉しいでしょ?」

姉「嬉しい」
母「なら喜びないよ」
姉「喜んでる」
母「……本当に?」
姉「…本当に喜んでる」
俺「……俺も喜んでる…」
姉「……それ私のマネしてるつもりなの?」
俺「……してるつもり…」
姉「…」
母「…」
俺「……ごめんなさい」



綺麗な花畑散歩してきましたよ。

スポンサーサイト
[ 2011/06/01 23:29 ] ■日常 | TB(-) | CM(0)

姉「ふ~ん、彼氏にか。ふ~ん」


494 :Mr.名無しさん:2011/04/10(日) 21:56:24.39

浅草→浅草寺→隅田川→業平橋→スカイツリー って行程でした。
俺「わぁ、混んでる混んでる」
妹「はい兄にい、これかぶって」
俺「黄色いニット…」
妹「姉ねえはぐれたらこれ集合ね」
姉「わかった!」

俺「で、早速はぐれたよ。みんなフリーダム過ぎるだろ。あ、通行手形見っけ。ん、揚げまんじゅう食べよ」
妹「あ、兄にいいた!」
姉「桜まん!?揚げまんじゅうだって!食べたい!」
俺「はいはい今並ぶよ」
妹「私普通の揚げまんじゅうでいい!」
俺「はいはい」
姉「桜餅まんうめぇ!あ、みたらし団子も食べたい!」
俺「はいはい、食べ歩きできないからここで食べてってさ」
妹「人形焼き買って帰ろう。おみやげおみやげ」
姉「ふ~ん、彼氏にか。ふ~ん」
俺「はいはい、いいからいいから」
姉「お参りしないと!煙浴びて、煙!頭良くなれ~禿げませんように~」
俺「余計なお世話じゃ」
妹「お賽銭はいくらにしようか」
俺「穴空いてるお金はダメらしいよ」
姉「マジで!?じゃあ10円!」
俺「じゃ100円」
妹「私も100円」
姉「え?え?じゃあねえも100円…100円ない!500円しかない!」
俺「太っ腹!」
妹「姉ねえカッコイイ!」
姉「えぇぇ~!」

そのあとおみくじひいたり、ゴムみたいな串焼き食べたり、チョコバナナ食べたり、スカイツリーでぎゃーぎゃー言いながら写真撮ったりして帰ってきた。
楽しかったよ。今度は潮干狩りに行くとか行かないとか。



[ 2011/04/13 19:00 ] ■日常 | TB(-) | CM(2)

妹「痺れ罠セッツ」


136 :Mr.名無しさん:2011/03/26(土) 10:28:39.58

姉「節電に来ました」
俺「暖房ついてないよ」
姉「布団で良い。上級ジンオウガ行こうぜ」
俺「良いよ」

妹「ただいま」
俺姉「おかえり」
妹「ん、モンハン?あたしもやる」
俺「もうちょいかかるけど」
妹「着替えたり手洗いうがいしてくるからちょうど良いと思う」
俺「わかった」
姉「死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ!!」
俺「うおぉぉい!なにやってんだぁ!」

妹「痺れ罠セッツ」
姉「大タルセッツ」
俺「誘い込め」
姉「起爆!」
妹「うわ!?バカ!!死んだ!!w」
俺「ざっけんな!!ww」
姉「www」

ボマーな姉、乱舞大好きな俺、罠士な妹。
暇があれば一狩り行ってます。
一部屋にみんないて節電…節電してるよ?
節電になってるかしらんけど





[ 2011/04/04 04:44 ] ■日常 | TB(-) | CM(1)

姉 「巨乳はジャスティス!・愛国無罪」


297 :おさかなくわえた名無しさん:2010/07/09(金) 09:26:28 ID:6qcpbG6P

俺んちの可愛そうな妹2号に、胸の話はするなwwww

妹2号「貧乳は希少価値だwwwwステータスなんやで~~~www」
姉 「巨乳はジャスティス!・愛国無罪(意味不明)ww」
妹2号「姉ちゃん、アンタの乳はそろそろ垂れる頃あいやんww歳考えんかい!」
妹1号(彼氏持ち)「ばっかじゃないの、乳は丁度ええのが一番なんよwww」

姉&妹2号 「士ね 氏ね 死ね~~~」
[ 2010/07/14 20:49 ] ■日常 | TB(-) | CM(0)

母「別に好きなわけじゃないんだからね!」


616 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 21:04:39

うちのおかんはモテる。異様にモテる。
私が子供の頃から、「おじさん、(私)ちゃんのお父さんになりたいんだけど、嫌かな?」
みたいなことを言ってくる男の人が結構な数いたぐらい。
誕生日にバラの花束やらネックレスやら腕時計やら届いたこともあった。
ラブレターとかラブメールが届いたり、実際言い寄られたこともよくあったっぽい。
でもおかん本人は、その誰にもなびかず、ずっとおとんの愚痴言いつつも別れようとはしなかった。
そんなある日の会話。

私「そんな毎日毎日愚痴言うぐらいならなんでおとんと結婚したの」
母「いや、だって放っておいたらどっかで野垂れ死にでもしそうで気分悪いんだもん」
私「えっ」
母「だって頼りないでしょ!一人にしておいたら詐欺にあったりしそうだし、誰かがついてなきゃ。
  別にあの人が好きなわけじゃないけど、離婚したせいでそんな目にあったりしたら目覚め悪いし!
  別に好きなわけじゃないんだからね!」

大事なことなので2回言ったんですね。わかります。
リアルツンデレがこんな身近にいたとは…
そんなおかんに和んだ。




[ 2010/03/18 22:05 ] ■日常 | TB(-) | CM(1)

風呂上がりの姉と妹


483 :水先案名無い人:2010/02/11(木) 17:55:57 ID:3pCkEp710

夏場風呂上りにアイス棒咥えてパンツ一丁でゲームする姉。20歳だってのに色々とだらしない

こんなんじゃなくてきちんとした妹が欲しかった。妹がいるやつは勝ち組


[ 2010/03/15 01:51 ] ■日常 | TB(-) | CM(4)

弟「姉ちゃんと風呂と入る」

556 名前:彼氏できるまであと774日 投稿日:2010/03/06(土) 21:27:09 ID:lir2Jsx2
10歳下小2の弟とオカンの廊下での会話。私は自室。

母 「ほらっ!早く脱ぎなさいって」
弟 「いや」
母 「なーんで。お風呂さめちゃうよ」
弟 「みんなお母さんと入らないって」
母 「そうかー。じゃあ一人で入ってみる?」
弟 「いや」
母 「・・・じゃあどうするの」
弟 「姉ちゃんと入る!」

(えっ!私かよ?めんどい・・)

母 「姉ちゃんはお勉強中!」 (←すいません、してません)
弟 「ううーっ!姉ちゃんと入る~!うえ~ん」
母 「今日はお母さんでいいでしょ、ほら」
弟 「うわぁ~ん!姉ちゃ~ん!姉ちゃんの腹~!!!」


腹ってなにさ弟よ。

[ 2010/03/12 23:50 ] ■日常 | TB(-) | CM(0)

姉「あ、唾飛んだ! ちょっと、もう、キモっ!」


627 :Mr.名無しさん:2010/01/25(月) 23:49:51

昔、まだ学生の頃、姉兄妹で喋ってて変な雰囲気になった時のこと。

上妹「今日、友達が上妹ちゃんのお兄ちゃんってちょっと格好良いよねとか言い出して…」
俺「え、まじで?」
姉「うわー、なにそれ、その子ありえへんわー」
上妹「うん、だからアタシも直ぐに眼科行った方が良いでって言っといた」
俺「酷っ!?」
姉「いや、別に酷くないやろ」
上妹「うん、酷くない」
俺「いや酷いから、むしろお前らが行った方が良いから眼科、上妹の友達の方がまともやから」
姉「え、なに、あんた自分で自分が格好良いとか思ってんの?マジで?」
上妹「うわ……キモ…」
俺「べ、別に、カッコいいとまでは思わんけど! そこまで悪くないことない!? あとキモいとかいうな!」
姉「あ、唾飛んだ! ちょっと、もう、キモっ!」
上妹「キモすぎ……死ね」
俺「あー、くそーもーお前らなぁー」
下妹「ただいまー、あれどうしたん?」
上妹「おかえり、おにぃがアタシらにキモい言われて泣いた」
俺「泣いてへんから!」
下妹「えー、なんで? お兄ちゃんキモくないやんー」
姉「こいつ、自分で格好良いと勘違いしてんのーアホみたいー」
俺「だから俺は別に…下妹「別に勘違いとちゃうやん! お兄ちゃん格好いいやんっ!」
下妹「お兄ちゃん!」
俺「え、あ、はい?」
下妹「お兄ちゃんはキモくないし、あたしはお兄ちゃんの事好きやで!」
俺「えっ……あー、えっ?」
姉「……あーあー、うん、下妹、あのな、兄妹でそういうのはヤメときな?」
下妹「へっ……あ、違うし、そういうんじゃなくて! えっと……違うしっ!」
上妹「……でも今、おにぃが好きっていったやん」
下妹「言ったけど! お兄ちゃん好きやけどぉ……そういうのと…ちゃうもん…」(真っ赤になりながら萎んでいく)
全員「………」
その後、親が帰ってくるまでの数時間、妙な空気のまま無言が続いた。
[ 2010/01/26 22:27 ] ■日常 | TB(-) | CM(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。