2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姉「いや、何かこう無性に汗かきたくてさ。」


364:水先案名無い人 :2010/08/14(土) 20:24:23 ID:cfGebp5pt [sage]

今日家に帰ったら何故か俺の部屋で、姉が狂ったようにドラムマニアを専用コントローラでプレイしていた。
家中に響き渡るようなドラムの音。
せめてもの気遣い(?)なのかヘッドホンで本気プレイ。
俺が帰ってきたことにすら気付かないくらい集中してて、閉めきった部屋の中クーラーもつけずに汗だくになってた。
ドドカドカドカダダン!!
みたいな音で曲が終わり、一息ついた姉が俺に気付いてヘッドホンを取った。

姉「おかえり!」
俺「ただいま。何でクーラーつけないの?」
姉「いや、何かこう無性に汗かきたくてさ。久しぶりにひっぱり出してみた」姉は高校のとき吹奏楽部でパーカッションを担当&大学のときにバンド組んでてドラム担当。
俺「Wiiフィットでもやればいいのに」
姉「それとは違う汗なの」
俺「ふ~ん」
姉「ギターフリークスのも出しといた。はい、そこ座って」
俺「帰ってきたばっかしなんだけど。風呂くらい入らせてよ」
姉「え~、結局また汗かくのに?じゃあ、あたし先ね」
俺「ダメ」
姉「ダメ」
俺「ざけんなw」
姉「じゃあ一緒に入るか!」
俺「良いよw」
姉「ウソだよ!ウソに決まってるでしょ!w」
俺「わかってるよ!w良いからもう先に入れよwクーラーつけとくから」
姉「お、良いの?やったーw」

ずいぶん長いことやってたのか、汗でTシャツが肌にぴったりくっついて透けてた。
水色でした。

[ 2011/01/06 12:00 ] ■姉 | TB(-) | CM(1)

[ 712 ]

近々姉さんの風呂覗けそうだな
[ 2011/01/07 01:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。