2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姉「お疲れ様~」


26 : Mr.名無しさん : 2012/02/02(木) 00:06:14.89

特に萌える会話無いけど。

一昨日、姉の家に遊びに行った。姉に頼まれて家から米10kgをリュックにいれて背負って。

姉「お疲れ様~」
俺「重いわ……」
姉「いや~助かるよ、ほんと」
俺「米ぐらい買えよ!」
姉「今月厳しくてさ。でもほんと優しい弟がいてあたしは助かるよ……けど、まぁ弟は姉の為に尽くしてなんぼよ! ご苦労!」
俺「死ね……は嘘だけど、くらえ!」

姉弟共にちっちゃい頃から親に死ねとだけは言うなって育てられたから、言い直す癖がついてて、言い直しながら姉貴の腋から横っ腹をくすぐる。

姉「あーっはっふっ、やめてーー、ちょっあっはっはっ、ちょっとごめんごめん、ごめんなさい」
俺「うーりうりうり、くすぐり弱いの知ってんだぞ?」
姉「ひひひひっひひ、あーっはっはっ、ちょ、ほんとおしっこ漏れちゃうから!」
俺「バカ、トイレ行けよw」

姉「いや~でもほんとありがとね。助かったよ。ほらコタツにでも入ってミカンでも食べて」
俺「ウチは全館空調だからコタツないから、これだけはいいわ~」
姉「コタツは人をダメにするよね~」
俺「ねぇ~……ちょっと姉ちゃん、足もうちょっと向こうにやってよ」
姉「無~理~」
俺「ほぅ……」
姉「……いひひひひっ足、足くすぐんないでよ、ひひひ、ちょっ」

こんなことやって、お茶を飲んでダラダラ姉貴とくっちゃべってから、帰った。

[ 2012/02/05 14:49 ] ■姉 | TB(-) | CM(1)

[ 835 ]

はぜろ
[ 2012/02/05 21:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。